わきがと年齢の関係性は?ニオイが気になるなら必見です!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

わきがと年齢には深い関係性があり、発症する時期やわきがのニオイを強く感じる年齢もあればだんだんとニオイが軽減されていく年齢などもあり、わきがと年齢にはどのような関係が隠されているのでしょうか。

わきがと年齢の関係「ホルモン」

わきがの多くは思春期の頃から気になり始めます。それはわきがとホルモンに密接な関係があるとしているためです。

人間は生まれながらにニオイの原因を作り出すアポクリン腺を持っています。

ただし赤ちゃんや子どもの場合はホルモンの分泌がないため、わきがになることがありません。

思春期の女性ホルモンが分泌される13歳~22歳ぐらいの時に、ホルモンバランスの乱れなどが原因となり、わきがの発症やわきがの症状をひどくしてしまうこともあるのです。

そのため、わきがを発症する年齢のピークはアポクリン線の成長がある20歳までだといいます。

20歳を過ぎるとわきがのニオイも徐々に弱くなることも多いので、小中高生の時はわきがでも大人になると軽減される人もいるのです。

 

わきがと年齢の関係「閉経」

わきがは年齢とともに軽減されていく人も多いと説明しましたが、全員がそのようになるわけではありません。

ホルモンの関係だけみれば閉経あとにわきがのニオイは軽減されることも多いのですが、「更年期障害」で汗っかきになりわきが臭も強くなった気がすると感じてる人もいます。

さらに「加齢臭」とわきがのニオイが混ざりとても言葉では言い表せないほどのニオイの原因となることもあります。

更年期障害のわきがの場合、手術に年齢は関係なくてもあと数年待てば症状が少しずつ軽減されることから、医師も手術のような改善策を取りません。そのため自分自身でデオドラントを使いお手入れをするなどの工夫をしましょう。

わきがと年齢には密接な関係があり、思春期の頃からわきがが気になる人や20歳までになんらかの症状やニオイを感じるようになり、嫌な思いをした人も多いはずです。

年齢とともにニオイが軽減されることがあってもホルモンバランスや更年期などの加齢によるわきがもあるのです。

 

年齢によるものはある程度仕方がないものでもありますが、日々の生活習慣を整えたり適度な運動を取り入れるなどわきがの症状を悪化させることのないような生活を心掛けることも必要です。

年齢だけではなく、こういった日々の努力がニオイが気にならない生活を作り出してくれるのです。思春期や更年期の年代のあなたは特に気を付けましょうね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*