『あれ?』自分がワキガだと気づくのはどんな時?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

「あれ、私ワキガかも!?」そんな不安を感じたことはありませんか。

まさか自分がと思っていたのにふとした時に気づくワキガのニオイに驚いてしまう人も多いのではないでしょうか。

自分がワキガだと気づいた瞬間や、まわりにいる人のワキガに気づく瞬間にはどのようなものがあるのでしょうか。

 自分ではワキガのニオイに気づきにくい

多くの人が自分のワキガに気づきにくいといわれています。

それは毎日嗅いでいるニオイであればあるほどそれが当たり前になり、嗅覚が麻痺してしまうためです。

まわりからすればどんなに不快なニオイであっても、一定期間嗅ぎ続けることでわからなくなることを「嗅覚疲労」とよびます。

本人は自覚がないので、まさか自分がワキガだとは思っていません。

ただしまわりの人はワキガであることに気づいていて、何も指摘できていないだけの可能性もあるのです。

特にニオイに関することはデリケートな問題になるので気になっていても指摘できる人の方が少ないのです。

もしかしたらあなたのワキガについて噂されているかもしれません。

 

では、ワキガに気がついた人はどんなきっかけがあったのでしょうか。

 

自分がワキガに気づくきっかけになったもの

自分がワキガであることに気づいた人の多くは、家族などの信頼できる人に聞いてみた人もいれば電車に乗った時に、まわりの人が鼻をつまんだり、すすったり不快な顔をすることが多く、自分がワキガなのかも!?と気づいたといいます。

一度自分でもワキガを認識すると臭いと感じるようになるのです。

人はきっかけがないと自分のニオイに気づきにくいものなのです。

ワキガになりやすい人には傾向があります。

特に家族(親・兄弟)にワキガの人がいたり、もともとワキや体毛が濃い人は他の人よりもアポクリン汗腺が多い傾向にあります。

シャツを脱いだ時にワキの下が黄ばんでいる人も、アポクリン汗腺が脇に多くワキガの可能性があります。

季節的なもの、年齢的なものが原因だと勝手に決めつけてしまう人も多いのです。

自分を過信せず家族や信頼できる人に相談することがワキガに気づくことに繋がりますので、一度確認してみるといいでしょう。

 

このページのまとめ

ワキガのようにニオイに関するお悩みはとてもデリケートなもの。

気にしすぎてしまうのもアポクリン腺を活発にしてしまうのでよくはありませんが、自分のワキガに気づき適切な対策が必要です。

まずは自分がワキガかどうか気づくことから始めましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*